Just another WordPress site

制作スタイル

演奏会用パンフレットの制作スタイルとは

パンフレットというものは、何らかの催し物の内容をわかりやすく要約して伝えるためのもの、と言っていいでしょう。もちろん、そのパンフレットの対象となる催し物の種類が異なっていれば、その表現のあり方も違ったものになるわけなのですが、その内容がどんなものであるのか、ということが読み手にわかりやすく伝わるものになっていなければならない、という点では、どのようなものが対象であっても共通であると言えるわけです。このために、パンフレットというものを制作しようとする際には、その対象となる催し物に合わせたあり方で、それがどのような内容のものであるのかを、要領よくわかりやすく伝えられるものを作る、ということを心掛けていなければならないのです。
そのパンフレットが演奏会用のものである場合には、その演奏会がどのようなジャンルの音楽のものであって、またその音楽の特徴を成しているものは何なのか、といったことが簡潔明瞭に伝わるものになっていなければなりません。ひとくちに音楽とはいっても様々なジャンルのものがありますし、そのジャンルによってファン層というものは大きく違っているわけですから、その演奏会を聴きに来るファン層の感性に添うようなものとして、その演奏者や内容はどんなものなのか、ということがちゃんとわかるようなパンフレットになっている必要があるのです。
そうしたポイントがちゃんと伝わるようなパンフレットになっていなければ、そのジャンルの音楽ファンにきちんとアピールすることはできませんし、パンフレットというものはその主催者の顔ともなるものですから、演奏会自体は好評であったとしても、パンフレットはそれにふさわしくないものだった、という評価を下されることになってしまいます。そもそもがパンフレットというものは、その対象となっているものの直接的な紹介となるものですから、その内容やイメージというものが、ストレートに伝わるものになっていなければならないわけです。
ここのところが、それを制作する際にはよく心掛けていなければならない点で、このために、その内容に合わせてその雰囲気がそのまま伝わるように、その紹介文に写真やキャッチコピーといったものを上手く組み合わせる、といった構成を取って読み手にアピールする、といった制作のスタイルになっているのです。
そのようにして制作されたものが、その雰囲気をそのまま伝えることのできるものとなっていた場合には、そのパンフレットはその演奏会の思い出として、観客たちの心にいつまでも残るものとなるのです。